「※ご注意」

現在、個人事業者が
「街角リンク」という名称の複数Webサイトに
当方の氏名やTwitter上のツイートや各Webサイトリンクを
表示させて

モバイルサイト等のアクセス数上位表示を謳っていますが、
当方は何の承諾も契約も行っておりません。
当方とは一切無関係です。

2012(平成24)年1月13日 
C.L.L FUTUREWARE  西尾コウヘイ仁秀

If you want to know about me,

please ask or make your REAL JAPANESE friend.
Thank you!

[My business interpreting network.→Worldwide interpreting company.]

「ご希望に応じた国と言語に対応可能な通訳翻訳会社の
信頼出来る通訳者・翻訳者を通じてのご対応をいたします。 」

奈良 平城遷都1300年祭のキャラクター、せんとくん。お友達のまんとくん。ここまでは、もう知ってるよね。

それでは、「チャントくん」は知ってるかな?





artwork:Hirohide``KOHHEI``Nishio (c)











現代美術アーティストプロCDJ近未来プロデューサー 



創造する、



今現在よりも洗練された近未来。




進化の時は、今。





〒639-0264

奈良県香芝市今泉 696-5



696-5 imaizumi Kashiba-city NARA JAPAN

zip 6390264



TEL/FAX 0745-77-4007

INTERNATIONAL 81-745-77-4007







C.L.L FUTUREWARE(シーエルエル フューチャーウェア)

Hirohide ''KOHHEI'' Nishio(西尾 仁秀・にしお ひろひで)



freely2400@goo.jp



Twitter @freely2400







古物商許可証 第641100001368号 奈良県公安委員会



探偵業許可証 第64140001号 奈良県公安委員会







管轄警察署:奈良県警 香芝(かしば)署



管轄検察庁:奈良地方検察庁 葛城(かつらぎ)支部



管轄裁判所:奈良地方裁判所 葛城(かつらぎ)支部



都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm


2008年7月7日月曜日

「ひとりの車好きとして、 若者に車が売れない理由 を考えてみた。」

「ひとりの車好きとして、
 若者に車が売れない理由 を考えてみた。」

(実体験も含んだ感想)



・「化石燃料使用の自動車は、走る地球温暖化マシン。」


 という事が

 若者世代に認識された。



・「電気使用の自動車は、走る電磁波発生マシン。」  


 という事が  

 若者世代に認識された。


・自動車メーカーや関連業者が、

 (絵に描いた餅のような)


 経営者サイドの目線でなく

 若者世代が今リアルに感じている

 環境問題の改善や解決に


 具体的な利益還元をしていない。



・携帯電話など年間継続の通信費用に、

 若者世代の


 自動車購入用の資金が吸い取られている。



・道路族議員や天下り役人や関連する利権業者 等を


 肥え太らす原因のひとつになっている

 自動車税やガソリン税を経由した


 道路特定財源などへの、

 若者世代の嫌悪感。



・国内大手自動車メーカーによる

 若者世代の非正規雇用労働者への

 人間愛に欠けた雇用の断片化や不当待遇と


 経費削減目的の違法行為や不正行為が

 「秋葉原事件」等がきっかけで

 若者世代に露呈してしまった。



・自動車ディーラーや販売店・


 広告代理店・関連業者などの 、

 車好きな若者世代など

 
 購買意欲保有者への
 
 不誠実で非礼な対応や接客。





「自分の給料の源が、

自動車を購入使用する

ユーザーひとりひとりから出ている費用だという

基本的な認識が欠落している場合に

多く見られる事例。」




・自分の費用で車を買い維持使用しない

 経費便乗型雑誌ライターや、

 違法改造での不正車検につながる記事などで

 環境破壊で地球温暖化に結びつく製品の消費を煽る

 バブル景気時代型ライター、

 編集部に入って来た情報を丸投げされ

 次の契約目当てと媚で情報自体を茶化すような

 三文記事を書く

 飼い犬型フリーライター
 
 などによる、

 自動車関連メディアの記事内容の荒廃と低質化。




・原油高に伴う
 
 各世代の生活サイクルの見直し。








・インターネットの普及と進化で、

 リアルでコアな情報が共有される速度が

 爆発的に加速した為に

 これまでのような

 物質至上主義や経済至上主義の

 机上の空論的マーケティングでは

 時代の変化に対応出来ない。

 

※(実体験も含んだ感想)

0 件のコメント: